読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我思う故に我在り

頭の中のMEMOこと小説置き場

ワンス☆デット

榊優希23歳精神科医院只今自傷まっ最中。

女に寄生しては、食物にし自傷する奴を見ていてなんだか可哀想になってきた。

「優希、飯食いに行かね?」

「あ、僕602号室のナナミちゃんと約束あるからー」

またか、またか、、、、

「お前また消すわけ?記憶を消すことが・・・」

「あー行かなきゃ!」

あーあまた誤魔化された。

あいつの能力は前世天使だったこともあり人を癒すことだ。でも代償がいる、自分の身体に傷も入るし、能力がまだ未熟なのか相手の記憶を消してしまう。優希の事その傷に関わることをだ。あいつは幼い頃からの付き合いだが、いつも忘れてしまう相手に「良かったね、傷は消えたよ」と言い泣いていた。相手は忘れてしまうのでなんのこと?何故泣いているの?なのだが。

 

「あらら?楓また優希に振られたのか、私とご飯食べようか」肩にポンっと手を置かれ引っ張られて病棟の休憩室に入った。

 

「先生あいつまた暴走してるんですが・・・」

「私としては助かっているよ商売繁盛!病院の評判よし!だしね」

「相変わらず最低ですね」

カップラーメンにお湯に入れながら、アキ医院長の言葉を聞いて俺は呆れた、いつものことだが。

「まぁ私悪魔ですから、それに君も同じ様なものじゃないか、命を絶ちたい人の為に手を汚す」

「それは俺の代々家系で受け継がれてきたもので・・・」

あんまり言いたくはなかった、最近自分の中で変わり始めていることを。代々受け継がれてきたものなのに自分の代で鈍らせるのはどうかと思っているからだ。

「それはそれで私の役にたってるからいいんだよ安心してくれ」

「はぁ・・・」

「だけれども・・・優希くん少々心配だね・・・」

「先生にもそんな心が残ってたんですか!?」

「いや、死なれたら困るし」

「やっぱそんなことか」

 

-3分経過-

 

「カップラーメンって美味しいよねーん?まだ浮かない顔してるね楓」

「あいつ弟が記憶喪失になってから変わりましたよね」

「そうだね、自分の力の限界を見たところで自分自身に幻滅したんだろーね、記憶とリンクしない傷は癒せないってところが不思議だけれども」

「・・・」

「どうかした?」

 

*

ここで筆を折りました

続かないかもしれない!!

プロット練らなきゃ(^_^;)